メニュー

そばかす

雀卵斑

若い頃から両頬や鼻などにある小さく淡い茶色のシミで遺伝性があります。
幼児期〜思春期以降と大量に紫外線を浴びた時に一過性に色調が濃くなります。
サンスクリーンの使用を徹底しても改善できず気になる方にはフォトフェイシャルをおすすめします。

そばかす(雀卵斑)はシミの一種です

シミは正式には「お顔の良性で後天性の色素沈着増加症」で、老人性色素斑・脂漏性角化症・雀卵斑(そばかす)・肝斑・後天性真皮メラノサイトーシス・炎症後色素沈着に大別されます。
シミをご相談される患者様の多くは、このような様々なシミやくすみを複合的にもっていらっしゃり、その状態によって適切な治療法を選択する必要があります。

シミ治療をご希望の方は眼で見た状態よりも深部に存在するメラニン色素が写り、潜在的なシミまで確認できるレビューでお顔の写真を撮影し医師の診断を受ける、美容カウンセリングをおすすめしています。例えば隠れた肝斑の部位への施術で肝斑が悪化し表面化することもあります。

お勧めの効果的な施術

フォトフェイシャル

(※ビタミン剤等の内服も併用していきます。)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME