メニュー

シミ

シミとは

シミは正式には「お顔の良性で後天性(後からできた)の色素沈着増加症」で、老人性色素斑・脂漏性角化症・雀卵斑(そばかす)・肝斑・後天性真皮メラノサイトーシス・炎症後色素沈着に大別
されます。
シミをご相談される患者様の多くは、このような様々なシミやくすみを複合的にもっていらっしゃり、その状態によって適切な治療法を選択する必要があります。

シミ治療をご希望の方は、眼で見た状態よりも深部に存在するメラニン色素が写り、潜在的なシミまで確認できるレビューでお顔の写真を撮影し医師の診断を受ける、美容カウンセリングをおすすめしています。例えば隠れた肝斑の部位への施術で肝斑が悪化し表面化してしまうこともあります。

老人性色素斑

紫外線のよくあたった部位に40代以降に目立ってくるシミです。表皮の細胞の光老化に伴ってメラニン色素細胞が増えてつくられます。光老化対策として、サンスクリーン剤の知識や内服薬や外用薬の併用が大切です。
大型のものはピコレーザーによるスポット治療やケミカルピーリングが、小型で数多く散らばっている場合はフォトフェイシャルやピーリングやピコレーザートーニングによる全体治療が適しています。

脂漏性角化症

老人性疣贅とも呼ばれ50代以降に多い、表皮の有棘細胞や基底細胞やメラニン色素が増える良性腫瘍です。液体窒素療法で盛り上がった部分を剥がしたりCO2レーザーで除去します。

後天性メラノサイトーシス(ADM)

アジア人や他の有色人種の両頬に20代以降に現れはじめる濃い茶色や灰褐色の小型のシミです。遅発性両側性太田母斑様色素斑とも呼ばれ、実はアザの仲間です。
シミの細胞が皮膚の真皮(深いところ)に存在するため他のシミ治療のようなケミカルピーリングやフォトフェイシャルや飲み薬、塗り薬では改善せずピコレーザーの適応となります。

雀卵斑

両頬や鼻などに若い頃からある小さく淡い茶色のシミで、遺伝性があります。
大量に紫外線を浴びた時に一過性に色調が濃くなります。
サンスクリーンの使用を徹底しても改善せず気になる方にはフォトフェイシャルをおすすめします。

肝斑

30代以降から閉経までに両頬や額やこめかみ、鼻の背や口周りなどにほぼ左右対称にできるシミです。紫外線や女性ホルモンのバランスの変化(月経不順、妊娠、ホルモン補充療法等)や皮膚の摩擦による炎症で悪化します。
紫外線対策以外にも日々の過剰なお手入れによる摩擦にも留意しつつ、内服薬や外用薬による治療や必要であればケミカルピーリングやピコレーザートーニングを行います。
他のシミの治療目的で潜在的な隠れ肝斑の存在を確認せずに施術を行うと、肝斑が目立ってくる場合があるので事前のレビュー撮影が大切です。

炎症後色素沈着

皮膚炎やニキビ、やけど、外傷の炎症等が治った後に、生体反応として一時的にメラニン色素が増えて茶色になります。
重症例では内服薬や外用薬での保存的な治療に加えケミカルピーリングやイオン導入やエレクトロポレーションを行います。
皮膚炎やニキビ、やけど、外傷が治る頃合いを見て、炎症後色素沈着が起きないように内服薬や外用薬を予防的に使用する場合もあります。

お勧めの効果的な施術

ピコレーザー ピコレーザートーニング フォトフェイシャル

ケミカルピーリング イオン導入 エレクトロポレーション

(※ビタミン剤等の内服・外用も併用していきます。)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME